お守りを何年も持つと良くない?古いお守りを持ち続けるとどうなるのか


お守りを何年も持っているとどうなるのか、気になったことはありませんか?そうすると不運が訪れるのではないか、神様からバチが当たるのではないか、憑依されるのではないか、と霊的に心配される方も多いと思います。

そこで、「お守りをずっと持っているとどうなるのか知りたい」という方に、この記事ではそのすべてを解説します。前置きはこのくらいにして、さっそく本題に入りましょう。

お守りを何年も持ち続けると、どんな影響があるのか?

まず最初に、お守りはエネルギーの象徴であり、身につける人にさまざまな幸運や保護をもたらすと信じられていることを理解することが重要です。

お守りに使われているシンボルの種類によっては、個人のエネルギーや意思を表すこともできます。例えば、龍のシンボルのお守りなら、ネガティブなエネルギーからの保護を意味し、鳳凰のシンボルのお守りなら、新しい始まりや変化を受け入れることを意味することがあります。

では、古いお守りを何年も保管しておくとどうなるのでしょうか?

お守りが周りの人のエネルギーを吸収してしまう

それは、お守りが周りの人のエネルギーを吸収してしまうからです。例えば、いつもポジティブな気分のときにお守りを持つと、お守り自体がそのポジティブなエネルギーを吸収して、目標達成の手助けをしてくれるかもしれません。

しかし、ネガティブな状態の時にお守りを持つと、ネガティブなエネルギーがお守りに吸収され、かえって不運や災難をもたらす可能性があります。

お守りは長く持っていると効果がなくなってしまう

もうひとつの説は、お守りは長く持っていると効果がなくなってしまうというものです。これは、お守りに宿っていた保護エネルギーが弱まり始め、ネガティブな力を遠ざける効果が薄れてしまうことを意味します。

古いお守りを持ち続けると、どんな悪いことが起こる?

古いお守りを持ち続けると、どんな悪いことが起こる?

ネガティブなエネルギーを持ち始めることがある

古いお守りを何年も持っていると、前の持ち主やあなたの環境からネガティブなエネルギーを持ち始めることがあります。その結果、原因不明の病気、頭痛、悪夢、不安感などの症状が現れます。これらの症状は、お守りが持っているネガティブなエネルギーの蓄積によって引き起こされている可能性が高いのです。

古いお守りを長く持っていると、不幸が訪れると言われている

また、古いお守りを長く持っていると、不幸が訪れると言われています。それは、不運、金銭問題、人間関係のトラブルなど、さまざまなかたちで現れます。

古いお守りを処分する方法

古いお守りがあって、もう手元に置きたくなくなったら、きちんと処分することが大切です。一番いい方法は、近くの十字路の土の中に埋めることです。